GPSログトレース地図出力ツール

 GPX形式等のGPSログから該当のOSMタイルを取ってきて、ポイント同士を繋ぐ線を描画します。緯度経度トレースマップの自動化バージョンです。
 複数ファイルの合一、データの時系列での並び替え、日本以外のポイントの排除、ポイントの間引き処理を行ってから、地図に軌跡を出力します。
 地図ソースには、Open Street MapとGoogle Static Mapsに対応しています。Open Street Mapを利用する場合は、該当のOSMタイルを取ってきてこのサーバー上で描画します。最大2048x2048ピクセルの地図を作成できます。Google Static Mapsを利用する場合は、データをエンコードしGoogle Static Maps APIに従ってURLを生成します。
 入力地点の上限は4000個です。但し、Google Static Maps では、URLが2048byteを超えない範囲に限定されます。
GPSデータ

入力ファイル

... 準備しています。しばらくお待ち下さい。

入力形式

出力設定

地図ソース

線の色

選択された色:      >>色の選択

線の幅


戻る